新鮮さと品質チェック

ペットフードは、保存がきく商品です。とはいえ、長期間の保存がきくほど、強力な保存料が必要になってきます。品質の良いドッグフードを選びたいと思ったら、人が食べても大丈夫なほど新鮮な素材を使用しているヒューマングレードドッグフードを選びましょう。ちなみに、ドッグフード通販“モグワン”でも、原材料は全てヒューマングレードです。バナナやリンゴのフルーツがブレンドされています。手作りの食事では栄養バランスが偏る心配がありますので利用してみてはいかがでしょうか。。

製造後の品質チェックはもちろんですが、製造前の品質チェックを行っているかどうかも重要です。原材料から作っているドッグフードメーカーは、まずないといってもよいでしょう。原材料は、下請け会社から調達してくるのです。信頼できる業者と取り引きしているとしても、何の品質検査もせずにドッグフードの製造に入るのは、どうでしょうか。

中には、強い毒性が含まれた原材料があることに、卸業者ですら気付いていないこともあるかもしれません。例えば、ミールやミートといった表現で記されている肉類らしき原材料は、簡単にいえばごちゃまぜの肉のこと。病気の動物の肉が使われている可能性も、ないとはいえないのです。

愛犬への穀物の影響

犬の穀物アレルギーが知られるようになり、ドッグフードに配合される穀物の種類にも気遣う人が増えてきました。一般的なのは、小麦やとうもろこし。大概のドッグフードには、これらの穀物が配合されています。最近、話題になっているのが、犬の穀物アレルギー。小麦やとうもろこしにアレルギーを持つ犬にとって、ドッグフードの配合穀類にも注意されるようになっています。

実は、犬はもともと、穀物を消化するための消化酵素を持っていません。つまり、穀物が体に与える負担が大きいのです。消化が良い穀物であればまだしも、小麦やとうもろこしなどが配合されたドッグフードを毎日食べることによって、消化不良が重なってアレルギーや消化器官系、免疫系の疾患を発症する可能性があります

ドッグフードの原材料をチェックするとき、何が配合されているかだけではなく、記載されている順番にも気を付けてみましょう。原材料の順番は、最初から順に多いから少ないになっています。小麦が先頭であれば、小麦の配合量が最も多いということ。犬の健康に良い食材がどのくらい配合されているかも、高品質なドッグフードを選ぶ基準です。パッケージに記載された宣伝文句にばかり、気を取られないようにしましょう。

何が無添加なのか

人が食べるものでも、よく話題に上るようになった添加物の問題。添加物と一口にいっても、全てが健康に害をおよぼす可能性があるわけではありません。中には天然の添加物もありますし、天然だから誰の体にも合うとも限りません。問題視されているのは、化学合成された添加物です。自然界にはない物質を作り上げて食品に添加物として加えるのは、どんな生物の生命にも影響を与えるリスクがあります

そんなに神経質にならなくても大丈夫という考え方もありますが、例えば放射線にしても、ある人には害が出て、別の人には害が出ないということがあります。同じ放射線量を浴びたとしても、人の体質や体内に備えている放射線量によって、害となるかならないかが違ってくるのです。

合成添加物も、同様です。人より体が小さい犬にとって、毎日与えられるドッグフードに合成添加物が含まれていれば、体内に異物が蓄積されやすくなるのは当然のこと。なかなか排出されずに、体調を崩してしまう原因になるかもしれません。かといって、保存がきくように作られているドッグフードに、保存料が使われないのも心配です。どのような添加物が配合されているか、細かくチェックしておくのが、高品質なドッグフードを選ぶ条件の一つです。

ペットフード・犬用の品質

人の食生活における安全性がよく取り沙汰されるようになりましたが、家族の一員であるペットが食べるものに関しても気を配りたいところです。愛犬が、食べ物で健康を害してしまったら、食事を与えている家族としてはやりきれないところ。そこでここでは、高品質のドッグフードといえる条件について、お話していきます。

添加物が全く配合されていないペットフードは、今時ありません。どのような添加物が配合されているかが、問題なのです。天然系の添加物なのか、化学合成された添加物なのか、必ずチェックするのが、高品質なドッグフードを選ぶための条件の一つ。人より体の小さな犬が、毎日与えられる食事に入っている添加物の影響をどれほど受けやすいかがポイントです。

犬にとって、穀物の消化は体に負担となること。そのため、ドッグフードにどのような穀物が配合されているか、どのくらいの割合で配合されているかには注意しておくべきです。そんなに細かいことは、ドッグフードのパッケージに記載されていないからわからないという方もいるかもしれません。原材料を見てみると、先頭の配合量が最も多く、あとに行くに従って少なくなります。犬の負担にならない原材料が多いドッグフードを選ぶと、自然と高品質となります。

人が食べても安心なほど、原材料が新鮮であることも、重要なポイントです。ドッグフードの製造に入る前に、原材料の品質検査をしているかどうかも要チェック。品質検査を行っていない原材料を使っているドッグフードには、リスクがないと言い切れません。