ペットフード・犬用の品質

人の食生活における安全性がよく取り沙汰されるようになりましたが、家族の一員であるペットが食べるものに関しても気を配りたいところです。愛犬が、食べ物で健康を害してしまったら、食事を与えている家族としてはやりきれないところ。そこでここでは、高品質のドッグフードといえる条件について、お話していきます。

添加物が全く配合されていないペットフードは、今時ありません。どのような添加物が配合されているかが、問題なのです。天然系の添加物なのか、化学合成された添加物なのか、必ずチェックするのが、高品質なドッグフードを選ぶための条件の一つ。人より体の小さな犬が、毎日与えられる食事に入っている添加物の影響をどれほど受けやすいかがポイントです。

犬にとって、穀物の消化は体に負担となること。そのため、ドッグフードにどのような穀物が配合されているか、どのくらいの割合で配合されているかには注意しておくべきです。そんなに細かいことは、ドッグフードのパッケージに記載されていないからわからないという方もいるかもしれません。原材料を見てみると、先頭の配合量が最も多く、あとに行くに従って少なくなります。犬の負担にならない原材料が多いドッグフードを選ぶと、自然と高品質となります。

人が食べても安心なほど、原材料が新鮮であることも、重要なポイントです。ドッグフードの製造に入る前に、原材料の品質検査をしているかどうかも要チェック。品質検査を行っていない原材料を使っているドッグフードには、リスクがないと言い切れません。