何が無添加なのか

人が食べるものでも、よく話題に上るようになった添加物の問題。添加物と一口にいっても、全てが健康に害をおよぼす可能性があるわけではありません。中には天然の添加物もありますし、天然だから誰の体にも合うとも限りません。問題視されているのは、化学合成された添加物です。自然界にはない物質を作り上げて食品に添加物として加えるのは、どんな生物の生命にも影響を与えるリスクがあります

そんなに神経質にならなくても大丈夫という考え方もありますが、例えば放射線にしても、ある人には害が出て、別の人には害が出ないということがあります。同じ放射線量を浴びたとしても、人の体質や体内に備えている放射線量によって、害となるかならないかが違ってくるのです。

合成添加物も、同様です。人より体が小さい犬にとって、毎日与えられるドッグフードに合成添加物が含まれていれば、体内に異物が蓄積されやすくなるのは当然のこと。なかなか排出されずに、体調を崩してしまう原因になるかもしれません。かといって、保存がきくように作られているドッグフードに、保存料が使われないのも心配です。どのような添加物が配合されているか、細かくチェックしておくのが、高品質なドッグフードを選ぶ条件の一つです。