愛犬への穀物の影響

Pocket

犬の穀物アレルギーが知られるようになり、ドッグフードに配合される穀物の種類にも気遣う人が増えてきました。一般的なのは、小麦やとうもろこし。大概のドッグフードには、これらの穀物が配合されています。最近、話題になっているのが、犬の穀物アレルギー。小麦やとうもろこしにアレルギーを持つ犬にとって、ドッグフードの配合穀類にも注意されるようになっています。

実は、犬はもともと、穀物を消化するための消化酵素を持っていません。つまり、穀物が体に与える負担が大きいのです。消化が良い穀物であればまだしも、小麦やとうもろこしなどが配合されたドッグフードを毎日食べることによって、消化不良が重なってアレルギーや消化器官系、免疫系の疾患を発症する可能性があります。

ドッグフードの原材料をチェックするとき、何が配合されているかだけではなく、記載されている順番にも気を付けてみましょう。原材料の順番は、最初から順に多いから少ないになっています。小麦が先頭であれば、小麦の配合量が最も多いということ。犬の健康に良い食材がどのくらい配合されているかも、高品質なドッグフードを選ぶ基準です。パッケージに記載された宣伝文句にばかり、気を取られないようにしましょう。